タイヤ空気圧チェックの重要性

| 未分類 |

タイヤ空気圧はとても重要です。それは燃費や安全性に大きく関係するからです。
タイヤの空気は徐々に減っていくのです。そのまま乗り続けてしまうとタイヤの接地面が多くなり負荷がかかって走行性に影響がでます。
その結果燃費にもよくない状況となってしまうのです。よく自転車の空気が減ったままのるととてもペダルが重たいですが、空気を入れると軽く走ることができますが、それだけ違いがあるのです。 
                                                                           

空気圧はガソリンスタンドなどでこまめにチェックするといいでしょう。
また空気圧が減ったまま走行すると、コーナーリング時にもタイヤに重量がかかってしまうので変形してしまったり適切にグリップしないことにもなります。
またそのまま乗り続けてしまうとタイヤが肩べりしてしまうことにもなります。
高速道路などの走行で空気圧が少ない状態では接地面が多くなることで摩擦熱によってタイヤの温度が上がってしまいタイヤの劣化が進んでしまうことにもなるのです。
                                                                             

このような理由からタイヤの空気圧は常に点検するようにして、高速道路など走行する場合はガソリンスタンドなどで少しだけ高めに空気をいれておくなど対応する必要があります。
またタイヤは劣化するので、古いタイヤに過剰に空気圧を入れるのはかえって危険です。その場合はタイヤ交換をします。