省燃費に有効な運転術とは

| 未分類 |

省燃費運転のコツを解説します。
まずはエンジンをかけます。
エンジンをかけたと同時に燃費が消費されていくためエンジンをかけたら出来る限り早くアクセルを踏んでスタートしましょう。
急発進を避けて、徐々にアクセルを踏むようにしましょう。
また、マニュアル車の場合はシフトを早めにあげて燃費を節約します。
走行中はなるべくブレーキを踏まずアクセルだけで速度をコントロールし、一定の速度が保てるようにしましょう。
もちろん、周囲の速度に合わせる必要があります。
                                        }PgžxQ                                  

一定速度を保つことは難しいかもしれませんが、周囲の信号や渋滞状況などを予測することを意識することがポイントになります。
さらに、走行中に赤信号が早めに確認ができたら、アクセルを踏み込むのをやめてエンジンブレーキを利用し、最後はブレーキで停車しましょう。
最後に、冷暖房が必要な時は使用した方が良いですが、車内を冷房によって冷やしすぎたり暖房で温めすぎたりすることは避けた方がいいでしょう。
                                                                         

また、人を待っている間やコンビニエンスストアで少し立ち寄る時もエンジンをつけたままだと燃費を消費してしてしまうので、こまめにエンジンをきるだけでも燃費の節約になるでしょう。
ドライバーの意識次第で、エコ運転が可能になるということです。