省燃費に有効な事とは

| 未分類 |

車の燃費改善に有効な事は、まずアクセルワークです、急発進や急加速の様に急激にアクセルを踏むことは燃費悪化の最大の原因になるので省燃費を実践するならば慎まなければなりません。アクセルを踏む場合にも急激にグッと踏むのではなくゆっくりジュワと踏む様にする事によって無駄な燃料消費を抑える事が出来るのです。走行中はなるべく速度を一定に保ちエンジンの回転数を一定に保つことも無駄な燃料消費を抑えるためには有効です。 
                                                                           

それと大切な事はエンジンブレーキを効果的に使う事です。例えば前方の信号機が赤に変わった場合、余裕があるならまずアクセルをオフにして、まずエンジンブレーキで充分減速する習慣を付ければそれだけで燃費を改善出来ます。何故エンジンブレーキが効果的かと言うとエンジンブレーキが効いてる状態の時は燃料を消費していないからです。これを常時繰り返すのですから燃料消費量は大幅に改善出来ます。 
                                                                             

次にエンジンオイルの選択です、最近はオイルの粘度の少ないオイルが出てます。これらのオイルはエンジンへ抵抗が少ないのでこれを使用するのも効果があります、ただしターボ車には使用出来ない場合も有るの購入時には注意が必要です。
その他、エコタイヤなどが有ります、これらのタイヤは転がり係数が少ないので摩擦が少なく燃費を改善してくれます。以上、多岐に渡る事を行う事により効果的に燃料消費量を減らす事が出来るのです。