環境対策を考慮して、エコカーを選択することは大事なことです。エコカーにはハイブリッドカーや電気自動車などがあり、ガソリン車でも燃費の良いものが沢山あります。日本ではエコカーというとハイブリッドカーというイメージが強いですが、ディーゼル車についても注目が集まります。
                                                                            

ディーゼル車の昔のイメージだと、音がうるさくパワー不足で環境に悪いという印象がありましたが、近年ではクリーンディーゼルとして環境に優れる車となっています。ディーゼル車は日本ではそれほど浸透していませんが、欧州などでは環境に優れた車として普及しています。クリーンディーゼル車は、燃料の燃焼を制御する技術が向上し、排気ガスの浄化も向上して汚染物質の排出が少なくなっています。地球温暖化につながる温室効果ガスの抑制にもつながっているので環境に優しい車です。
                                        車06                                         

エンジンのトルクが大きいので加速やパワーもあります。ガソリン車よりも燃費が向上する上に、軽油はガソリンよりも割安なので家計負担も軽減できます。ガソリン車は空気とガソリンを混ぜて圧縮してエネルギーを作っているのに対して、クリーンディーゼルのエンジンは空気だけを圧縮しているので、圧縮比を高めてより大きなエネルギーを得られるので燃費向上につながっています。