ハイブリッドカーの原理と環境

| 未分類 |

エコカーというのは環境に優しい車のことを言いますが、具体的にはハイブリッドカーに代表されるCO2の排出量が少ない車のことを言います。エコカー減税が燃費性能で決まることからもそのことがわかると思います。ハイブリッドシステムを搭載した車の量産化に、世界で最初に成功したのはトヨタのプリウスでした。「21世紀に間に合いました」というキャッチフレーズは衝撃的で、未来カーがやってきたと日本中大騒ぎとなりました。
                                                                                   

ハイブリッドシステムというのは、通常のガソリンエンジンとバッテリーで動くモーターとを組み合わせて走る車のことで、メーカーによってシステムに多少違いがあります。トヨタの場合はガソリンを多く消費する発進時や低速時にモーターを使うことで燃費を大幅に抑えています。モーターはトルクがあるので力強い加速が可能であり、また音も静かなので乗り心地にも貢献します。
                                                                             

ハイブリッドシステムを搭載することで、燃費が大幅に改善されました。それは排気ガスの排出量を大幅に削減したことを意味しており、環境に与える影響は非常に大きいものがあります。CO2削減はもちろんですが、その他にも空気を汚さないということや騒音で迷惑をかけないということなどをあげることができるでしょう。