電気自動車の原理と環境

| 未分類 |

電気自動車の原理はガソリンエンジンとは全く違い、モーターとバッテリーとコントローラーの三つで構成されています。構造としてはコントローラーからの指令でバッテリーに蓄えられた電力を使ってモーターを回し、そこで生まれた力をアクセルなどの踏み具合で車輪などに配分して動くという物で、技術的に言ってしまえばラジコンを大きくしたようなものであり全、全く難しくなく中小企業が参入したりしていますし、個人の趣味でガソリンエンジン車を丸ごと電気に改造する方などもいますし、一時期は家電量販店なども参入するという話などもありました。
                                                                             

また、ガソリンエンジンと違い最初からフル回転というのも可能なため初速が恐ろしいまでに早いという利点を生かしてスポーツカーなども作られており実際に販売されています。ですがこの方式ではすべてをバッテリーで賄う問題がある為、中々普及が進んでいません。ガソリンエンジンであれば、ガソリンを入れるだけで走る事が出来るのですが、バッテリーの場合充電を行うため急速充電でも満タンまで数時間かかってしまいます。
                                        車04                                      

また、外での電気を充電する充電スポットも普及しているとは良い難い上に、充電に時間がかかるという事で設置場所にも制約がかかります。こういった事情から、ガソリンでその弱点を補うハイブリッドやガソリンスタンドの設備を流用しやすい水素エンジンなどに注目が集まっています。